グループホームみうらんど
海と自然に恵まれた横須賀の地で「自分らしい生活」はじめませんか?

海と自然に恵まれた横須賀の地で、自分らしい生活をスタートしてみませんか? 当施設は、一般住宅を活用した少人数制のシェアハウス型障がい者グループホームです。知的障がいや精神障がいを抱える方々がお互いに支え合いながら共同生活を楽しんでいます。生活の中で必要な自立能力を身につけるための機会を提供することに重点を置いており、できるだけご自身で取り組んでいただけるようサポートしています。
もちろん、ご自身での取り組みが難しい場合でも、スタッフが適切な支援を行いますので、安心してください。横須賀で、ご利用者様が自信を持って日常生活を送れる環境を整え、孤独感や孤立感を抱かず、地域社会とのつながりを築けるよう、様々な地域のイベントや活動への参加機会を提供しています。

POINT ポイント

グループホームみうらんどの特徴

#

『共に生きる』こと

障がい者グループホームでは、動物を単に『飼う』のではなく、 『共に生きる』ことを重視しています。 障がいや病気があっても、動物との共同生活が当たり前となる地域社会を実現していく方針です。


現在、日本では毎年5万頭もの無実な犬と猫が殺処分されています。この残念な現状に対処するために、障がい者グループホームでは、殺処分対象となる動物たちを預かり、障がい者の方々と共に生活することで、できるだけ多くの犬や猫の命を救おうとしています。同時に、動物介在活動を通じて障がい者の生活の質(QOL)を向上させ、最終的にはヨーロッパやアメリカを凌ぐ「動物フレンドリーな社会」の実現を目指しています。


「障がい者グループホーム」は、動物と共に生活することで障がい者の生活の質を向上させ、殺処分を減少させる「場」を築くことによって、1頭でも多くの犬や猫を救済していく方針です。

#

みうらんどの暮らし

「市役所の書類の記入や窓口での受け答えが上手くできるか不安です。」 「病気になった際、病院で症状をうまく伝えられるか不安です。」

そのような方には、安心して行っていただけるようにスタッフが同行します。


「入院中は薬の飲み忘れはなかったけど、ホームでも忘れないようにできるか不安です。」

希望される方に対して、お薬の飲み忘れがないようにスタッフが確認いたします。


「今月は、残金はいくらだったっけ?」 「〇〇を買っても、今月の昼ごはん代は大丈夫かな?」

お金に関する不安がある方には、希望者のみですが現金出納帳の作成を通して金銭管理のお手伝いも行っています。


「自分に合っていて、自分のできる仕事は何だろう…」 「どうやって仕事を見つけたらいいのかな?」

働く場所や日中の活動先を一緒に探します。また、就職後も安心して働けるようにフォローしていきます。

#

手作りの食事を提供

みうらんどでは、日々の「食事」に特に重点を置いています。食べることは健康維持の要となるだけでなく、生活を楽しむ上での大切な要素でもあります。各ホームでは、朝と夕方にスタッフが心を込めて手作りしたお食事を提供しています。